職場にいるやっかいな人との接し方

職場にはさまざまなやっかいな人たちがいます。
言ってしまえばモンスターです。

なんだこの人って感じの人が必ずいると思うんです。

僕の場合そういう人たちとぶつかって
トラブルになったことが過去にありました。

その手痛い経験からトラブルにならないように、
教訓を書いていきます。

やばいなという人たちとの接し方について

1:ニコニコして話を聞く合わせる。

基本的には、嫌われないこと、嫌われて目をつけられると大変。
クビに追い込まれたりとかろくなことがありません。

2:仕事に関しては率先してする。

そういう人が近くにいるときにボーとしてたら大変。
うまくできるように周りの人からあらかじめ仕事の段取りを聞いておく。

3:他の上司と仲良くしている所を見られないようにする。

これも難しい問題で、他の人と仲良くしていると
急に態度が変わってしまうことがあってややこしくなります。
そういう人がいるところでは注意が必要ですね。

自分=ルールみたいに思っている人は、
機嫌が悪い時に細かなことでぶち切れてきます。

ほんとに細かなことでそこまで言うのかと思うくらい

その場合あまり過剰反応しないほうが良いです。
基本的に我慢してこちらが折れるしかないです。

そういう人にかぎって頭が固く頑固なので自分を曲げません。
また喧嘩をしても立場もあり負けるのが決まってます。

あとは、基本的に報告、連絡、相談この3つを守って仕事をする。

わからないことがあれば、すぐに相談。
おかしいなと思ったら報告、また他の人に連絡を怠らない。

基本的にこれを守っていたら、
誰とでもうまくやっていけると思いますね。

自分はいつも正論を主張してましたから、
それでトラブルになってましたね。

いつも正論を主張するのはやめたほうがいいかもしれません。
職場で長く続けたい方は、長いものには巻かれろですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ