すぐにやめたほうがいい職場は・・・

point 1 : 貧乏な会社

これは残業代を出さない職場があります。
休日出勤の時は、給料がアップが当たり前ですが、普通に平日扱いになっている
ところがあります。かわいそうなので同情してしまいそうですが、あとあと後悔するのは
自分です。それと、残業を嫌って、詰め込みがたの仕事をさせる可能性があります。
要は、休憩なしとか、残業をする1時間分を休憩時間にやらせるとか、給料を少なくごまかすとか
とにかく行かないほうが無難です。

point 2 : 同族経営,ワンマン経営

同族経営の場合だと、コネクションで
自分の兄弟や妻などを副社長など大事なポジションにつけていることが多いんです。
そのため、能力がないのにその立場にいると危険なことが起こります。
とくに、自分の機嫌=職場のルールみたいになっていて正しいことが行われていない
可能性が往々にしてあります。
ワンマン経営は全て駄目だとは言えませんが、社長が俺様的な人の場合だと
正しいことが進言できません。私はリフォーム関係の職場の社長を
知っていますが、不正に手を染めていました。
で、社長が不正をするのはいいんですけど、犯罪の片棒を担がされることに
なるかもしれないですので、もしそういう職場でおかしいなと思ったら、
とっととやめてしまいましょう。

point 3 : 支配者タイプが多い職場

支配者タイプが多い職場は離職率が高いです。
特徴は、いつも人の欠点をかぎまわっている、
そして、人の弱みに付け込んで恫喝⇒支配といような
ことをしてくる人たち、職場には必ずいます。
正しいことをしてるように本人達は言いますが、
実は自分の思うように周りを動かしたいだけです。
こういう人が二人か、三人近く同じ職場にいたら
危ないです。すぐにでもやめてしまいましょう。
なにもいいことがありません。

point 4 : やる気が重視とやたらそのことを強調している職場

これも、おかしい所が多いです。
というのも、理想が高いからです。
高い目標に挑戦させ、途中で脱落したら
そんな奴知らんの顔をしている所が多いです。
そもそも、やる気重視と言っているところは
トップが大きな理想論だけを唱えていて、
その無茶な理想とハードルについてこれる人だけ残ればいいと
いう形でサポートを放棄しているからそういう
発想になるんです。結果的にはそういう
職場では入ったほとんどの人が泣きを見ることになります。

point 5 : 完璧主義者が管理職にいる職場

完璧主義者がいると大変です。場合によっては支配者タイプより
タチがわるいかもしれません。常に荒さがしをしていて
完璧でなければ、駄目出しを食らうからです。
その完璧という基準が本人しかわからないものなので
こちらはどうすればいいのかわからないのです。

おかしいなと感じたらすぐにやめたほうがいいです。
長く続けて、傷つくのは自分です。後々後悔することが
多くなるからです。
それに、2,3か月で苦しくなってやめるとなると、
職歴に傷がつきます。おかしいなと思ったら、
1日か2日でやめるのがベターです。
保険の関係上、1日か2日だと職歴に入社したことにならず、
職歴に傷がつかないのです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ