面接は数をこなすことだけでは不十分?

面接のことなのですが、

大抵の場合は落ちたとしても
その理由がわかりません。

うまくいったように見えても
落とされるときは落とされるし

原因がよくわからないことが多いです。

一人だとまず誰も間違いを教えてくれないです。

世間では多く面接を受ければ受かるという
方法は正しいと言われています。

それは正論なんですけど、

正直なところ、失敗した原因と
間違いがわからない分

成長がなく
次につながらないです。

それに数を受けるというのは

受ける前の履歴書、職務経歴書
志望動機、自己PR、面接対策などが

うまくいっている前提です。
大体自分でやっている場合、どこか
かけている場合が多いです。

多くのところを受けるというのが
正論なんですけど、

たとえば、30社で足りないなら
100社受けろとかそういうことを
言われることがあるとは思います。

それでそのまま言われたまま
実行するのもいいとは思いますが、
疲れてしまいますし、

そんなに多くの面接と長い期間は頑張れないと
いうのがが正直なところですね。

自分ひとりで全てやってみるというのは
できる人もいるとは思います。

ですがそうではない人が多いと思うので
そうではない人は

キャリアカウンセリングを
受けてみることをお勧めします。

あっちの人達は仕事でやっているわけで
就職させるように必死になってますので
あてにはなります。

そこでキャリアカウンセラーと話をして
自分の希望をこと細かく伝えるわけです。

そうすると自分の希望に近くて向いている仕事
の面接対策をしてくれますから、
そっちのほうがいいです。

面接対策で数をこなすということも
少なくなります。(落ちて失敗した時のことを面接官に
話をして次どうすればいいのか対策などを考えてもらえばいいのです。)

「  
 もし自分のしたい仕事がわからないという方は

自己分析・適正発見プログラムの
「R-CAP」というサイトを使うと
自分の適性の仕事などを見つけることができます。
                       」

R-CAPはリクナビ会員登録をしていると個人登録不要で楽です

リクナビに登録し、転職支援サービスに登録するを選べば
リクルートエージェントと同時に登録でき、

キャリアカウンセラーに
履歴書添削や面接対策などをお願いできます。

興味のある方はまずこちらから登録してもらえると助かります。
是非是非どうぞ

⇒利用者10万人超えリクナビネクスト

今やりたい仕事が見つからないと思っている方も
R-CAPを試してみると興味のある仕事ことが出てくるかもしれませんし、

R-CAPの診断テストも1時間もかからないくらいなので
気軽に試してみるといいですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ